So-net無料ブログ作成
検索選択
FXの言葉 ブログトップ
- | 次の3件

ロールオーバーとスワップ [FXの言葉]

FX取引の世界(どの世界?)では決済は新規約定の
2取引日後、との慣行があるそうです。そうすると
長期保有ができないので決済日を先延ばしするため
持っているポジションの繰り越しを行います。
このことを ロールオーバー といいます。

基本的に各業者は午前7時前後のメンテナンス時に
このロールオーバーを行っています。


ポジションの繰り越しの他にも色々行われていて
その中の1つが金利差調整です。国と国の政策金利の差が
……詳しいことは検索してお調べ下さい。ここでは
省略します。

その金利差調整に使われるのがスワップ(ポイント)と
呼ばれるものです。

スワップは各業者が自由に決められ、必ずしもプラス・
マイナスになるとは限らないし(マイナス・マイナスもあり)、
プラスの値とマイナスの値が同一とは限りません。(+1、-2)

スワップは基本的に毎日付与されますが、次のような場合は
複数日付与されます。

・土日などの取引がない日
・委託先の銀行などが休みの日


長期保有する際は、このスワップにも注意するようにしましょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

レバレッジ、ロスカット、スプレッド [FXの言葉]

ストーリー仕立てにして説明してみました。


-とある露天商での出来事-(勿論フィクションです)


「さぁーさぁー、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。
これが巷で話題の円高円安予想ゲームだよ。
(外国為替証拠金取引 通称FX取引)」

「1万米ドル使って、円安と予想してその通り
円安になれば1円安くなるごとに1万円が貰える。
かーうれしいねぇこれは。」

「ん、これからは円高だって。いやー、お兄さん勝負師。
やっぱ男はこーでなくちゃ。もちろん、円高予想もOKだよ。
円高と予想して、その通り円高になれば1円高くなるごとに
1万円プレゼント。どうだい、挑戦してみるかい?」

「なに、1万円しか持ってねぇ。うーん、それじゃ
1万米ドル買えねぇなぁ…」

「…よし、オジサンも男だ。お兄さんの勝負度胸に免じて
100分の1(レバレッジ100倍)で勝負させてあげよう。
いまなら88円X1万米ドル÷100で8千8百円だ。」

「そうか、そうか、勝負する気になったかい。おっと
その前にもう1つだけ。勝ってる内はいくら勝っても
いいけど、万が一負けが込んだときは勝負を打ち切らせて
もらうよ(ロスカット)。よそはしらねぇがうちは70%だ。
計算方法は少しばかり複雑だけど、そこの機械が勝手に
やってくれるから心配ねぇぞ。」

「なぜそうするかって。複雑な事情があってなぁ…。
まぁ、お兄さんの持ち金が全部無くならないように
するためでもあるから、そこんところは理解してくれ。」

「じゃ、8千8百円預かってと。で、どっちに賭ける?」

「お兄さんすごいねぇ。どんどん円高になっていくよ。
えっ!こんなに勝って大丈夫かって。大丈夫、大丈夫。
うちは仲介しているだけだから。お兄さんが勝っている分
他で負けてるやつがいる。そいつから支払うことになるから
心配ねぇよ。」

「それで手数料無しでどうやって儲けるかって。鋭いねぇ。
これは大きな声じゃ言えねぇけど、売りと買いのレート
見てみな。」

「そう、売りと買いの差が0.5銭になってるだろ(スプレッド)。
これがうちの取り分だ。おいおい、そんな目で見るなよ。
よそはもっと高い設定になってるんだから、これでも
良心的なんだぜ。」

「まぁ、こまけぇことは無しにしようぜ。0.5銭なんて
あっという間だって。ほら、目を離している内にどんどん
利益が増えていってるぜ。」


-おわり-


スプレッドの広さは、基本的に短期で頻繁に取引する人が
気にすればいいだけで、長期でそれほど取引しないのであれば
それほど気にすることはないように思えます。

ロスカットは、預かり金の多さや保持しているポジジョンの
多さにより変化します。レバレッジを単に小額で取引できる
とだけ考えるのではなく、ロスカットラインを意識しながら
レバレッジ取引を行うようにしましょう。

さらに詳しいことを知りたい方は、業者のホームページの
説明を参照して下さい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

金銭信託とFX取引規制 [FXの言葉]

このブログを初めて読む方は、おことわり
ご理解の上、ご覧下さい。


金銭信託とは、万が一業者が破たんした場合、預かり金
(証拠金)が戻らないことが起こらないよう預かり金を
別の金融機関に預けることです。

現在、預かり金を金銭信託する義務はないが(?)、下記で
説明するFX取引規制により全額金銭信託が義務化となるため
それを先取りしてほとんど(?)の業者で全額金銭信託が
行われています。(追記 平成21年8月1からFX業務を開始
する業者は、開始時から義務付けられます)


FX取引規制については業者のTOPページに、下のようなバナー
(ないところは、まあ取引をしないほうがよいかと)
がありますので詳しくはそちらを参照して下さい。




1.預かり金の全額金銭信託の義務化(平成22年2月1日より)

2.ロスカット・ルールの整備と遵守の義務化(平成22年2月1日より)

3.レバレッジ上限の規制
  (平成22年8月1日から50倍、その後平成23年8月1日から25倍)


(1・3省略で)2は、顧客にちゃんと説明していなかったり
説明通りに行われなかったりすることがあるので、ちゃんと
しなさい、もししなかったらわかってるよね、ということです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
- | 次の3件 FXの言葉 ブログトップ